ABOUT US 動く動かすとは
一人の「動く」が世界を「動かす」
ABOUT US -誰が ミレニアム開発目標(MDGs)と持続可能な開発目標(SDGs)の達成、貧困問題を解決するために2005年に発足した世界的な市民社会ネットワークGCAP(Global Call to Action Against Povertyの略。ジーキャップ)。世界131ヵ国にまで広がるこのネットワークの日本版として設立されたのが、「動く→動かす」です。現在、途上国の貧困問題解決に取り組む日本のNGOが70団体以上参加しています。
ABOUT US -何を 現在、世界の5人に一人、およそ10億人以上の人々が、1日1ドル以下で生活する“絶対貧困層”だといわれています。2000年の国連ミレニアム・サミットでは、こうした世界の貧困問題を解決するために、2015年までに達成するべき目標として「ミレニアム開発目標」(Millennium Development Goals: MDGs)をとりまとめました。そこには、極度の貧困及び飢餓の撲滅、普遍的初等教育の達成など8つの目標が具体的数値と共に掲げられています。「動く→動かす」は、このMDGsを達成し、世界の貧困問題解決に向けた取り組みを日本から作り出すことを最大の目標としています。2016年以降はSDGs達成に向けて活動をしていきます。
ABOUT US -いつ 「動く→動かす」は2009年3月5日に設立されました。2015年のMDGs達成期限に向けて活動してきましたが、2030年のSDGs達成期限を目安に新たに活動していくことを目指しています。
ABOUT US -どこで 加盟する80のNGOを中心に、GCAPがもつ国際的なネットワークを生かして活動。また、世界同時アクション「action/2015」(アクション2015)には、個人や企業・団体などの方々がどこにいても参加することができます。
ABOUT US -どうして 「世界の貧困をなくしたい」という気持ちは、日本でも多くの人々が抱いています。また、近年日本においても、ホームレスや派遣切りといった貧困問題が大きな注目を集めています。貧困を生み出す構造は世界でも日本でも変わりありません。2009年、政権交代と時を同じくして発足した「動く→動かす」は、この歴史的転換点をひとつの契機とし、日本全国の人々、そして世界各国の市民社会と連携し、貧困問題解決に取り組んでいきます。
ABOUT US-どのように MDGs/SDGsの達成に向けた援助の増額と質の向上、貧困や開発に関する分野を超えた政策の改善を実現するために、世界各国の市民社会と連携し、GCAPがもつ国際的なネットワークも生かしながら、政府各省庁や国会議員など政策決定者への働きかけや、継続的な政策提言活動を実施します。また、幅広い世論の支持を形にするため、世界規模で行われる「action/2015」(アクション2015)を中心にパブリック・キャンペーンを行い、貧困問題解決・MDGs達成に向けて人々の声を集め、力にしていきます。

                           団体チラシ

STAND UP

Follow Us

Twitter

メールマガジン登録

動く→動かす
動く→動かす 通信

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

国際ネットワーク

GCAPリンク

国内ネットワーク