action/2015(アクション2015)は、貧困・格差、不平等、気候変動を解決するための運動です。





人類と地球の未来に大きな影響を及ぼす国際目標と取り組みが、今年の9月と12月に開催される国連の会議で議論され決定されます。この国際目標と取り組みが、現在私たちが抱える課題、今後起こると懸念されている問題に対し、本当に有効なものにならなければ、私たちの生活や環境が悪化していくだけでなく、暮らしやすい社会を次の世代に残していく責任を果たすこともできません。

貧困・格差と不平等をなくし、持続可能な社会に向けた目標となるべきポスト2015年開発目標。地球環境と人間の暮らしへの深刻な影響を防ぐため、合意されるべき気候変動への取り組み。

国連の会議で最終的な決定を行うのは、各国のリーダーです。彼らが、一般の人々が抱く懸念、取り組んでほしいと望む課題、そして声をきちんと認識して真摯に受け止め、長期的視野に立った議論を行って決定を下す必要があります。

私たちは、国連と各国のリーダーに対して、私たちが考えていることをしっかりと伝える必要があります。一人一人が考えたり思っているだけでは、何も始まりません。個々の声や叫びは、それを情報や動きとして発信してつながっていくことで、変化の波となるのです。

今世界で、そして日本で、どんな問題が起こっているのか、そしてNGO/NPOなどの市民団体は、問題解決にどう取り組んでいるのか、このウェブサイトを見て、少し考えてみてください。そして、あなたの声を世界のリーダーたちに伝えましょう。

強い個人の意志を示す“I am”(私は)という言葉で、問題解決の一翼を担いましょう。

ファクト
まずは、世界と日本が今、どうなっているのか、数字で現状を見て考えてみましょう。


その他の情報やアクションについてはこちら
現状を見て、あなたはどんな問題を感じましたか?何を変えたいですか?
世界のリーダーたちに取り組んでほしいこと、変えてほしいことを伝えましょう。


子ども、孫、未来の世代に、より良い社会と地球を残すため、PCやスマホで私たちにできること。

国連の16の項目から、あなたとあなたの家族に重要なことを6つ教えてください。(このパネルをクリックすると、国連の投票サイト「My World」にジャンプします)



このパネルをクリックすると、写真投稿と閲覧のサイト(action2015jp.org)にジャンプします
あなたが気になる世界・日本の問題や課題を、日本政府に知らせて取り組みを求める写真付き課題投稿です。政府に取り組んで欲しい国内外の政治・経済・社会的課題を、「私」または「私たち」の写真と一緒に登録します(投稿募集は2015年12月までの予定)。
1人あるいは数人のグループで写真を撮り、その画像データを登録し、表示名(名前やグループ名)と課題を入力すると文字が画像に合成されたアドボカシー・フォト(写真)ができます。投稿されたアドボカシー・フォトは閲覧サイト(action2015jp.orgサイトへ)にアップされます。
みなさんが入力した課題は、アクション2015ジャパン事務局が集計して日本政府に市民の声として届けます(2015年12月までの間に数回に分けて届ける予定)。

詳細はこちらの「アクション2015よくある質問」をご覧ください。

考える仲間、行動する知り合いを、ツールを活用して増やしてください。








プライバシーポリシーと著作権について

Copyright © 2015 動く→動かす All Rights Reserved.